価格調整

価格調整

民泊で最も重要になるのが価格設定と考えます。そもそも宿泊料による売上げと言うのは繁忙期と閑散期の落差が激しく、基本的には年間でプランを設定する必要があるものです。

つまり同じ不動産であっても空室→客付→家賃収入の不動産収入とは収入構造が全く異なります。

悪く言えば不安定な収入である宿泊料売上げなのですが、そのリスクを補って余りあるメリットも当然ございます。例えば札幌で毎年開催のイベントで最もポピュラーなイベントと言えば皆さまもご存知の事でしょう。そう、世界的にも知られるさっぽろ雪まつりです。実際このさっぽろ雪まつりは凄い集客力で、2018年・2019年の実績は普段1泊3,000円~4,000円程度のお部屋が、1泊15,000円~20,000円と言うおかしな価格で宿泊されています。しかもそれが10日間程度継続するのでこの10日間だけで1か月分から2か月分の売上を軽く稼ぎ出します。(2020年は世界的なコロナウィルスの影響で大幅に減少)

その他にも定期的に開催される人気の各種イベントがありますが、民泊の醍醐味は不定期に開催されるイベントによって収益を上げる事も可能な点であると言えます。

例えば2019年ですと国民的アイドルである嵐のコンサートが札幌ドームで2度開催されました。例年から言われているのですがこの時期は大抵のホテルが満室で、当社で運用代行をお任せ頂いているお部屋の価格も当然かなりの高単価で幕を閉じました。

 

この様に価格変動が大幅にある民泊なので価格調整次第で結果は大きく変わってきます。そして近年では価格調整にも自動化の波が押し寄せており、AIが近隣物件の価格設定を参考にして価格を自動で調整する機能がございます。しかしそれには問題点もあり、とにもかくにも予約獲得を最優先設定にされている事が多く、この価格の自動調整に頼ると、予約は入るが単価が低すぎる、と言う現象が起きています。加えて近隣物件を参考にしているので基本的に先手が打てません。しかも、ほとんどのホスト様や管理会社がこの自動調整を利用しているため妙な価格相場が発生し、いたずらに価格相場が減少しているエリアも多数ございます。

 

つまり、不定期開催のイベント情報をいち早くキャッチ出来る、更には常に価格の目利きが出来るスタッフが、他物件のAIによる価格の自動調整前に、或いは後に、価格を手動調整する事で、AIによる価格の自動調整を行った物件を出し抜き最適な価格で予約獲得が実現できるのです。

お問い合わせ

札幌の民泊情報(民泊賃貸)など民泊賃貸については、LIXIL不動産ショップ アヴァントまでご相談ください。

対応エリアは札幌市内を中心に、石狩市、江別市、北広島市、小樽市、恵庭市、千歳市と幅広く展開しております。

札幌民泊情報・民泊管理

LIXIL不動産ショップ アヴァントまで!

ライン

札幌の民泊情報(民泊賃貸)など民泊賃貸については、LIXIL不動産ショップ アヴァントまでご相談ください。

対応エリアは札幌市内を中心に、石狩市、江別市、北広島市、小樽市、恵庭市、千歳市と幅広く展開しております。