4月1日民法改正

2020年01月06日

契約

明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。今年4月1日に施行される改正民法。なんと今回は「明治以来120年ぶりの大改正」と言われております。変更になるものは多々あるんですが、みなさんに一番関係があると思われるのは「保証人が負担する債務の上限額(極限額)を賃貸契約書に明記する」という事が義務化されるということですね。これまでは保証人は借主の債務を際限なく保証しなければなりませんでした。しかし改正後は、保証人が負担する債務の上限額(極度額)を賃貸借契約書に明記することが義務付けられました。ありえない金額は提示出来ないということですね。賃借人や保証人さんもより安心して契約出来るように変わるので、良い改正かなと思われます。ですが賃貸人はこれから契約や更新をする契約書を新しくしなくてはならないので、準備は大変かもしれません・・・。